FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "アンリミテッド:サガ
UNLIMITED:SaGacolspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


アンリミテッド:サガ』 (Unlimited: SaGa) はスクウェア(現スクウェア・エニックス)から2002年12月19日に発売されたプレイステーション2コンピュータRPG。限定版と通常版の二種類があり、限定版では割高な分イラスト集などのオプションがつく。販売本数約56万本。

サガシリーズの9作目に当たるが、ゲームボーイ時代の『サ・ガ』、『ロマンシング サ・ガ』、『サガ フロンティア』シリーズとは異なったゲームシステムが確立されている。

ゲーム概要編集

7人の主人公から1人を選ぶ従来通りのシステムを採用している。選択した主人公によって難易度は大きく異なる。冒険シナリオを選択し、設定された目的を達成、これを繰り返すことでゲーム進行させていく。主人公によって選択できる冒険シナリオは異なる。

冒険画面に際して既存のRPGのようなマップは存在せず、フィールドをボードゲームのように駒(主人公)を移動させていく形となっている。冒険画面はターン制となっており、移動や待機など何らかのアクションを取るたびに、敵シンボルの移動・罠の発動・残り制限時間の減少など周囲の環境も変化していく。

戦闘では従来どおりの閃きシステムが採用されているが、一方でターンの始めに5回分の行動を入力し敵と戦う新しい形式をとっている。1ターンにひとりが5回行動させることも可能となっている。戦闘終了後の経験値取得やパラメータ上昇は一切無く、キャラクターの成長はシナリオ終了後の、パネルと呼ばれる技能の交換によってのみ行われる。但し、パネルとそのときの主人公のステータスによっては逆に弱くなってしまうこともある。そのため技能はこのゲームをクリアする上で非常に重要な要素となっている。

本作の最大の特徴としてリールシステムがあり、フィールド上での行動の成否判定や戦闘中の技レベル選択など、ゲーム中のあらゆる行動の判定がスロットのようなリールによって決定される。戦闘中のリールは滑りが存在しないため、狙って止めることも可能なのだが、フィールド上でのリールは乱数処理を表現するためか50%の確率で滑るため、狙って止めることは難しい仕様になっている。

上記の通り、本作は従来のコンピュータRPGとは全く異なるシステムを有している。しかし付属の取扱説明書にはゲームシステムに関する詳細な説明がなく、ゲーム初心者が攻略本無しにゲームを始めてそのままクリアするのは極めて困難である。発売後公式サイト上にFAQページが設けられ、冒険画面上の移動方法HPの回復方法などのゲームを進行するための基本操作が解説されていたが、公式サイトが閉鎖されたため現在は見ることが出来ない。

スタッフ編集

  • 河津秋敏 - 製作総指揮、『天翔ける翼』作詞
  • 濱渦正志 - 音楽
  • 小林智美 - イメージイラストレーション
  • 直良有祐 - アートディレクター
  • 小泉今日治 - ゲームデザイン(バトル)
  • 篠宮淳一 - ゲームデザイン(スクリプト)
  • 蜷川裕一 - ゲームデザイン(マップ)


テンプレート:ネタバレ

戦闘システム 編集

HPとLP
HP(ヒットポイント)とLP(ライフポイント)は戦闘中に行動したり、敵の攻撃や罠にはまると減少していき、LPが0になるとそのキャラクターは行動不能となる。また、主人公キャラクターのLPが0になるとゲームオーバーとなる。HPが0になっても行動不能となることはないが、残りHPの量が少なくなるとLPがより減少しやすくなる。観念的に表現するならば、HPはLPを守る鎧であり、それが剥がされると(HPが0になると)LPが傷つけられやすくなる、となるだろう。即ち、HPの減少を放置しておくとLPへのダメージが深刻なものとなるため、HPの回復をいかにして行うかが攻略のカギとなる。HPの最大値はシナリオ終了後に戦闘回数に応じて増加する。LPの最大値はキャラクター固有の値であり増減することは無い。
リールと行動選択
戦闘はターン制で行われ、ターンの始めに5回分の行動を入力する。行動の入力は「キャラクター選択→行動の選択」の手順で行われ、これを5回繰り返す。5人のキャラクターに1回ずつ行動させることも、1人のキャラクターに5回行動させることも可能。選択した行動によってHPを消費して行動を起こし、選択されなかったキャラクターは休憩することになりHPが回復する。行動入力が終了すると技・術を決定するリールの回転が始まる。技を選択した場合、リールを止めた目によって発動する技が決定され、術を選択した場合リールを止めた目によって術の威力や場の五行属性が変化する。戦闘中はリールの滑りは起きないため、狙って止めることが可能。
連携
回転しているリールに対してストップを選択するとそのまま技や術が発動し、ホールドを選択すると次の行動と共に連続攻撃を行う「連携」を発動させることができる。連携を行うと個々に攻撃を行うのと比較してより大きなダメージを与えることができる。多くの行動を連携させると、よりダメージ倍率が高くなる。ただしホールドを選択した後、敵の行動が入ると敵の行動を含んだ連携となり、こちらが受けるダメージも増加するというデメリットもある。また、連携時はホールドする度にリールがリセットされるため、実質重要なのはストップで止めるときのタイミングだけである。
閃き
敵への攻撃時、電球のマークが現れ新しい技が発動することがある。これを「閃き」と呼び、この閃きによって使用可能な技を増やしていく。閃きが発動する確率は敵の強さや所持しているスキルパネルに影響される。

フィールド上の行動編集

フィールド上での行動は、対象と行動の選択を行わなくてはならない。例えば宝箱を開けたいなら、十字キーの左右で宝箱を対象として、スキルからアクションを選択する必要がある。また、味方に回復術や強化術をかける場合、△ボタンを押して、対象を味方に切り替え、術の触媒となるアイテムを選択してから使用術を選択する必要がある。

また、成功するか否かの判定は全てリールで行われる。戦闘中のリールとは違い、50%の確率で滑りが発生するため、どんなに習熟しても意のままに止めることはできない。フィールド上でのリールは○(成功)、×(失敗)、爆弾(大失敗)の三つの目で構成される。

移動
フィールドはボードゲーム風のマップに移動ポイントが幾つか設定される構成となっており、従来のRPGのように一定の範囲ならば舐めるように移動することが可能なわけではない。直感的な把握を促すための表現をすると、飛び石の上をぴょんぴょんと移動するようなものである。左スティックをわずかな時間倒すと移動先のポイントの敵の有無とその大まかな強さが判り、左スティックを長く倒すとそのポイントに移動する。
罠の回避
移動ポイントには罠が設置されていることがあり、一定の確率で作動する。作動した場合、仲間の一人が罠にかかったことになり、回避判定のためリールを止めることになる。特定のスキル所持によって成功率が上がる(=リールに成功の目が多くなる)。作動しなかった場合、罠外しのスキル使用により、解除することもできる。また、アクションで意図的に罠を作動させることも可能。
敵との駆け引き
モンスターも移動ポイント上を移動しており、遭遇すると低くない確率で戦闘となる。敵の種類にもよるが、スキルで戦闘になる率を下げたり、戦闘にならなかった場合、スキルで交渉して追い払うこともできる。戦闘にならなかった場合、こちらから襲ったり術でモンスターを追い払ったりすることもできる。
宝箱の獲得
宝箱に対して様々な行動を行う。中身を占ったり(連続成功で中身が良くなる)、罠を見破ったり、罠を解除したり、鍵を開けたり、である。これらの行動を取る際に敵が居ると必ず襲われる。以上の行動には全て対応するスキルが必要なため、序盤のうちは闇雲に宝箱を開けるしかないといった事態もままある。鍵が開かない場合、中身が壊れる恐れはあるが殴ったり叩いたりして壊して開ける事も可能。術を覚えるために必要な魔道板を獲得するため、あえてミミックの罠の仕掛けられた宝箱をそのまま開ける、といったこともしばしば行われる。
HPの回復
HPを回復する。左スティックを押し込んで、待機することで全員を一定値回復する。各人の回復力には差があるので、術を使用して一人のHPを大幅に回復する、といった手段も取られる。
周囲の探索
宝箱を探索する。屋外なら道案内スキル、洞窟なら洞窟探検スキル、といった具合に地形に応じたスキルを使用することで宝箱が発見できることがある。スキルは対応したファミリアでも良い。
地形の踏破
水たまりや障害物があって移動が制限されているとき、対応するスキルがあればその地形を踏破できる。ショートカットができたり、障害地形の先にアイテムが隠されていることがある。ただし、これは開発終盤になってから付け足されたものであるため、あまり意味の無いものもしばしば見受けられる。
武器の修理
武器の使用回数を回復する。簡易修理のスキルを所持するものが居れば、非装備品で、使用回数が0より多く20未満のものを修理することができる。修理したいアイテムを選択すれば簡易修理の項目がある。
アイテムの整頓
アイテムを整頓する。街では行えないため、何度も行き帰りできるフィールドで整頓を行い、すぐに帰るということが行われる。
魔道板の研究設定
魔道板をボードにはめ込んだだけでは術の修得はできないので、研究設定をする必要がある。この上で戦闘中に術を使用すると、術の修得が可能になる。
術の使用
術を使用する。仲間を回復したり、敵や宝箱の位置を探索したり、敵を追い払ったり、道に通行不可の魔法壁を立てたり、魔法鍵のかかった宝箱を開ける、といったことが可能。いずれも術の触媒となるアイテム(~行術のついたアイテム)から使いたい術を選んで使用する。
その他
その他、立て札を読んだり、魔法陣や仕掛けを作動させたり、階段やはしごの登り降りをしたりする。このときはアクションを選択して行う。

成長システム編集

キャラクターの成長はシナリオクリア時に行われる。HPは戦闘に参加した回数に依存し、能力値、五行値(術威力に影響)はボードにはめるスキルパネルの種類、レベル、位置に依存する。

スキルパネル
本作の特徴のひとつで、これを持つことで鍵を開けたり、お店で値切ったりと様々な行動が可能になり、戦闘では技が出しやすくなったりする。レベルが高いほどその恩恵は大きくなる(鍵開けの成功率が高くなる、値切り幅が大きくなる)。ただし、永続的なものではなく、別のパネルで上書きすると前のパネルの効果は消滅する。また、獲得した魔道板はパーティ共有のスキルパネル扱いになる。パネルの獲得とはめ込みはシナリオクリア時に行われる。パネルは1人当たり4枚獲得できるが、はめ込めるのはそのうち1枚である。はめ込まずにやり過ごすことはできず、必ず1枚ははめなければならないため、低レベルパネルを獲得してしまうと能力値が下がることもある。

街での行動編集

様々な施設を利用して、旅の準備を整えたり、冒険に出発したりする。ちなみに街ではリールが回ることは無い。

物品の売買
商店で物品の売買を行う。商品は物々交換で獲得することもできるが、物々交換しかできない店も存在する。スキルによって値切ったり、高く買ったり、掘り出し物を見つけることもできる。品揃えはシナリオクリアごとに一新される。
冒険情報の収集
宿屋で情報を集める。あまり役に立つ情報が揃っているとは言い難いが、シナリオ開始の鍵となることもあるので疎かにはできない。
装備品の変更
装備を変更する。装備したままでは売却したり、改造したりできないため注意が必要である。余談だが、ディフレクトやナイフガードなどの回避アビリティ付きの武器、ならびに盾は上から2番目の武器欄に装備しないとまるで意味がないので留意したい。
武器・装飾品の改造
改造屋で無料で武器や装飾品を改造してもらえる。ベースとなるアイテムに別のアイテムを加えて、アイテムを作り変えたり使用回数を回復する。作り変える場合のみ、別のアイテムがなくても可能。稀に引き出されたアビリティが増えたり減ったりする。組み合わせによって素材が変化したりすることがある。また、獣石を副素材とすることで、15%の割合で~行術というアビリティが付き、術の触媒として機能するようになる。

7人の主人公たち 編集

ローラ
30歳の未亡人。不慮の事故で夫を亡くし将来への希望を失う中、エスカータの王子アンリと出会う。王国が滅亡し追っ手に追われるアンリを助けるため、共に旅に出る。
仲間となるキャラクターのバランスが良く、強力なイベントアイテムが利用でき、難所・強敵やわかりにくい点も少ないため初心者向けとされる。終盤のイベントバトルの結果でストーリー分岐が起き、攻略面ではバトルに勝てばラスボスが手強く、負ければ簡単になるが、エンディングは変わらない。
ヴェント
駆け出しの運び屋。運びの途中で行方不明になった兄の謎を解くために、自らも運び屋となりドラゴンハートと呼ばれる秘宝を追う。
他の主人公が(ある条件を満たした場合を除き)キャラクターを成長させられる機会が有限であるのと異なり、無限に鍛えることのできる「運び」のシステムが特徴である。そのため初心者からやり込みをする上級者まで幅広く推奨される。ただし序盤にセリンもしくはサドボスへの運び依頼を受けると難易度が高いため苦労する。
ジュディ
10才の女の子。禁呪を求める男クライドにより祖父は鏡の中に囚われ、家族は世界に散ってしまう。祖父を救出すべく、家族を求めて旅に出る。
ラストダンジョンまでの道程が最も簡単で初心者向けとされるが、そのためにキャラクターの成長が十分でないままラストバトルへ突入する可能性が高く、ラストダンジョン前にサブシナリオで鍛える事が推奨される。術に関するストーリーではあるがプレイ上は特に術を意識する必要は無い。
キャッシュ
名門バーガンディ家の長男。呪いのガントレットの謎を解くため冒険に出る。
呪いにより一定プレイ時間ごとにモンスターと主人公の一対一の戦闘が発生する。敗北してもゲームオーバーとならないが、プレイヤーによっては煩わしく感じられる。また、序盤に2人で難所越えをしなければ話が進まないため難易度が高い(ただし、そこを越えてしまえば以降は難易度は低い)。以上の二点から初めてのプレイには向かないとされる。本筋と関係ないサブシナリオを一定数クリアすることでストーリーが進んで仲間が増え、さらにシナリオクリアするか、前述の特殊バトルで一定数勝利することでラストダンジョンへ行けるようになる。サブシナリオは全主人公で共通のため、遊び尽くしてしまった後でプレイすると飽きが来ることから、全員クリアするならあまり後回しにもしない方が良いとされる。
ルビィ
自称占い師。突然占いの力を失ってしまったルビィの姉サファイア。その力を取り戻すためイスカンダールと呼ばれる男と旅に出ることを決意、ルビィはその旅に同行することを申し出る。やがて彼らは七大驚異と呼ばれる遺跡と対峙する。
各主人公のラストダンジョンである遺跡群を全てクリアする総括的な内容となっており、世界観の謎に迫るストーリーでもあるために7人の最後にプレイするという人もいるが、気分的な問題であり気にしないのなら例え最初にプレイしても不都合はない。ただし遺跡のひとつ「ナクルの地上絵」はボスが非常に強いので後に回さないと苦労する。
マイス
遺物鑑定家。フォートに描かれた少女に恋をしたマイスは、少女を探すべく旅に出る。
主人公以外の仲間キャラが全員女性なのもあってパーティーの平均LPが低く、それでいてラストバトルは他の主人公と比べて明らかな長期戦を強いられることから非常に難易度が高いため、初心者が手を出してはいけないとされている。ただ、ラストバトル以外は序盤の一人旅が長い程度で、突出して難しくはない。
アーミック
チャパ族。干ばつに見舞われたチャパの村を救うため、村長は雨乞いの儀式を行うことを決意する。儀式に必要な材料を集めるという重要な役にアーミックは選ばれる。
銅や黒曜石といった素材単位でアイテムを購入なり宝箱なりで集め、規定数をコンプリートするのが基本的な流れとなる。一定量クリアごとに「特別なアイテム」のイベントが発生し行ける町と仲間が増える。サブシナリオの攻略法や宝箱の開け方、金の稼ぎ方、買い物の仕方、改造屋の使い方などゲームプレイの知識があればあるほど楽に、無ければ難しくなる。そのためマイス編とはまた別の意味で初心者には厳しいとされている。

一人クリアするごとに星印がキャラクター選択画面のキャラクターに付き、7人全員クリアすると7人目のエンディングの後に「天翔ける翼」という楽曲が流れる真のエンディングが見られる。

関連商品 編集

  • 「アンリミテッド:サガ オリジナルサウンドトラック」 - サウンドトラックCD

テンプレート:Navbox generic

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はアンリミテッド:サガにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki