FANDOM


くにおくんの熱血サッカーリーグ』は、1993年4月23日に発売された、ファミリーコンピュータゲームソフト。『熱血高校ドッジボール部サッカー編』の続編。

概要 編集

くにお、げんえいをはじめ、熱血高校ドッジボール部サッカー編に登場した各校のキャプテンたちと日本代表「熱血FC」を結成し、世界に挑む。続編と言っても操作方法や戦術はかなり変わった。 1人プレイでも2人プレイでも本編を遊ぶことができるほか(この場合、2Pはキーパーになる)、対戦プレイやPKも遊ぶことができる(この場合選べるチームは熱血と強豪5チームのみとなる)。難易度はやさしい、ふつう、むずかしいの3段階で、やさしいを選んだ場合、敵も味方も必殺シュートを撃たなくなる。

なおゲーム内の選手のステータスには体力やシュート力などが割り当てられていて、それらから総力タイプを割り出しているが、実際にプレイしてみるとその定義は曖昧で各ステータスも違いがわかりづらいので、ここではすべての能力を統一して、総力タイプの変わりに接触プレイを「あたり」と表現している。

一人プレイモードでは、対戦する国を選択していくリーグ戦であるが、総合成績で一定数勝利することによってトーナメント形式のテクノスジャパンカップに移行する。

熱血FC編集

  • くにお・・・・ご存知熱血硬派。ドッジボール部主将なのだがサッカーで日本代表になってしまった。必殺技は、「なっつしゅーと」と「ばくれつあたっく」。しかし今作では能力は平均的で1Pとしては物足りないものがある。やはり本業はけんかとドッチボールなのか。
  • げんえい・・・虹をもつかむキーパー。あたりが強く、今回も頼りになる。必殺技は、「めがどらいぶしゅーと」、「ひっさつどりぶる」、「とるねーどぱんち」。
  • くもん・・・・優秀院付属高校。偏差値は高いがサッカー能力は平均的。
  • さじ・・・・・死愚魔高校。フォワードにすると思いがけないハッスルプレイを連発する。
  • いわかべ・・・マタギ学園。理想ポジションはDFだが、あたりは強くない。
  • かいずき・・・一本釣水産高校。能力は平均的だが、ばくれつあたっくが使え、必殺シュートはキーパーを惑わせることができる。
  • うがじん・・・恐山商業高校。よくわからない性格。前に敵がいるとおもしろいドリブルをする。
  • おにたけ・・・山本興業高校。彼女がいる。サングラスをかけて強そうに見えるが能力は平均的であたりも普通。強豪相手ではあたり負けしてしまう。
  • ほりばた・・・堀々学園。ばくれつあたっくを使うことができ、意外にあたりが強い。CPならかなり使えるメンバー。
  • よりつね・・・服部学園。移動能力が高く、ツバメ返しを使えるかなり貴重なメンバー。初心者にも上級者にもお勧めできる万能型。フォワードにすると必殺シュートを連発する。欠点は、あたりが弱い(他のメンバーにも言えるが)。彼もよくわからない性格。
  • つねを・・・・四満忠実業高校。熱血メンバーの中で、おそらく一番あたりが強くシュート力がある。必殺シュートはイタリア、ブラジルなどの強豪キーパーをもふっとばす。キーパーでも十分にいけるステータスを持っている。 
  • かるろす・・・前作にはいなかった謎の男。控えだが、おそらくキーパーならげんえいよりも優秀。あたりも強い。

熱血FC内で最もあたりが強いメンバーは、つねお、げんえい、かるろす。続いてさじ、ほりばた。ただし強豪が相手だとあたり負けは必至である。

相手チーム編集

12チーム中、いたりあ、ぶらじる、どいつは強豪。あるぜんちん、かめるーんは中堅。これらのチームは総合力が高く、タックルしても倒れないことが多い。そして必殺シュートを撃ってもキーパーは容易に吹っ飛ばず、逆に必殺シュートを撃たれると、熱血のキーパーは吹っ飛ばされることが多い。倒すにはコツが必要。

あじありーぐ編集

かんこく・・・特筆すべき戦術や個の力が無く、ゲーム中最弱。勝つとキムチを食べて炎をはく。フォーメーションは2-1-2(左からFW、MF、DF、以下相手チーム欄において同様)。

  • よんどく(FW)
  • まんす(FW)
  • ちょんいる(MF)
  • みんほ(DF)
  • よんす(DF)
  • すんちょる(GK)

たい・・・ばくれつあたっくを使ってくるが、弱い。勝つとムエタイキックを繰り出す。またステージはコンディションの悪い土ステージになりやすい。フォーメーションは2-2-1。

  • とんちゃい(FW)
  • さけっと(FW)・・・足が速い。ただステージのコンディションが悪いことが多く、あたりも弱いので、かなり意味がない。
  • ぷみぽん(MF)
  • ぴぷん(MF)
  • たにん(DF)
  • ちゃちゃい(GK)・・・1点差以上つけられるとボールをとった後ひとり攻めを始める。このチームの弱い理由の大部分はこのせい。

もんごる・・・守備的なチームでかんこく、他のあじあ勢に比べると多少あたりが強い。ボールを取りに近づくとシュートを当てられることがある。勝つと人間騎馬でコートを回る。フォーメーションは2-1-2。

  • あじゅる(FW)
  • がざん(FW)
  • じょるきん(MF)
  • もんとく(DF)・・・多少あたりが強い。
  • ふるちん(DF)・・・あたりは意外に中堅レベル。シュート力もあるので必殺シュートを撃たれると危険。
  • いしむと(GK)・・・あじあ勢のGKの中では一番あたりがつよい(熱血は除く)。

あふりかりーぐ編集

かめるーん・・・強豪に近い中堅レベル。ツバメ返しを使うことができ、必殺シュートもかなり強くバシバシ撃ってくる。あたりも強い。勝つとわりおばがダチョウ(?)にのって動き回る。フォーメーションは2-1-2。

  • だこすた(FW)・・・あたりは強豪レベルで必殺シュートは強豪のキーパーをも吹き飛ばす。ボールを持ったら要注意。
  • おばんご(FW)・・・他のメンバーに比べあたりが多少弱い。
  • わりおば(MF)
  • むがべ(DF)
  • くんじゃら(DF)・・・他のメンバーに比べあたりが多少弱い。
  • じゃわら(GK)

ぎにあ・・・このチームだけ、特殊なコンディションの悪い砂ステージになることが多い。戦術面ではとりぷるあくせるを使ってくるもあたりは弱い。勝つと喜ぶだけ。フォーメーションは2-1-2。

  • まぶい(FW)
  • むがべ(FW)
  • ぬげま(MF)
  • もぶつ(DF)
  • そぐろ(DF)
  • あで(GK)・・・同点か熱血が負けているとき、ボールを持つとひとり攻めする。

せねがる・・・このチームの必殺シュートは、白鳥をイメージさせるもので、弱いが美しい。チームカラーは地味。あたりは普通。勝つとガッツポーズジャンプ。フォーメーションは2-2-1。

  • うぇんば(FW)
  • ぬじょま(FW)
  • るむんば(MF)
  • ぬじぇり(MF)
  • おべんじょ(DF)・・・(もんごるの“ふるちん”にも言えることだが)かわいそうな名前である。
  • むんじゃら(GK)

なんべいりーぐ編集

あるぜんちん・・・中堅。ばくれつあたっくを繰り出すので、ボールをとる時は注意が必要。ただ同点か熱血が負けているときは、キーパーがボールを持つとひとり攻めするので戦いやすい。また必殺シュートは強いが時々しか撃たない。勝つとバナナでお手玉。フォーメーションは2-2-1。

  • えすこばる(FW)・・・足が速い。熱血のよりつね的な存在。他のメンバーに比べあたりが多少弱い。
  • せるじお(FW)
  • らとーれ(MF)
  • おりばれす(MF)・・・他のメンバーに比べあたりが弱い。
  • ばるば(DF)
  • いぎーた(GK)・・・同点か熱血が負けているとき、ボールを持つとひとり攻めする。

ぶらじる・・・イタリアに次ぐ強豪。つばめがえしを使い、強力な必殺シュートを連発してくる。熱血陣地に攻め込ませないことが重要。勝つとリオのカーニバル(?)のごとく踊る。フォーメーションは2-2-1。

  • さらびあ(FW)・・・足が速い。
  • めんどーさ(FW)
  • でぃあず(MF)
  • ぶーにょ(MF)・・・足が速く、つばめ返しを頻繁に使う。熱血のよりつね的な存在でボールを持つとかなり厄介。
  • さんとす(DF)・・・あたりが強く、必殺シュートを当ててもなかなか貫通しない。
  • ろどりげす(GK)・・・あたりが強く、必殺シュートを撃ってもなかなか吹っ飛ばない。どいつと共にGKで最強レベル。

めきしこ・・・やや強引な戦術が得意。また、メンバー全員が仮面をかぶり、ゴールをとられても表情が変わらない。勝つとサボテンになって喜ぶ。フォーメーションは1-2-2。

  • あぎなが(FW)
  • あびれす(MF)・・・この選手だけあたりが強くシュート力もある。
  • ごんざれす(MF)
  • さらざーる(DF)
  • たばじょす(DF)
  • えんりこ(GK)

ゆーろりーぐ編集

いんぐらんど・・・ひっさつどりぶるを使うものの特に強くはない。ただしげんえい、かるろす、つねお以外をキーパーにしてると必殺シュートを止められない可能性もある。勝つとエレキギターを弾く。フォーメーションは2-2-1。

  • ないじぇる(FW)
  • まーく(FW)・・・足が速い。
  • でびっど(MF)
  • まーちん(MF)
  • へんりー(DF)
  • あんでぃ(GK)

いたりあ・・・最強チーム。体力に秀でている上につばめがえしを使い、必殺シュートをバシバシ撃ってくる。ボールを持たせないことが先決。勝つと「らふぁえれ」が花火を片手に仲間を追い掛け回す。仲間は泣いている。フォーメーションは2-2-1。

  • りかるど(FW)・・・足が速い。
  • じょるじょ(FW)・・・足が速い。
  • らふぁえれ(MF)
  • るか(MF)
  • じゅぜっぺ(DF)
  • じょばんに(GK)・・・あたりは強いが、下で紹介するゴールの決め方のを行うと簡単に点が入ってしまう。

どいつ・・・強豪。あたりが強くひっさつどりぶるまで使うので熱血メンバーはあたり負け必至。ただ、つばめがえしが使えないので、必殺シュートも時々しか撃たない。それでも普通のシュートも威力があるので、キーパーの目の前で撃たれると危険。勝つとえっけるとがソーセージを食べ続ける。フォーメーションは2-2-1。

  • へるまー(FW)・・・足が速い。
  • りーどる(FW)・・・足が速い。
  • えっけると(MF)
  • ばるにけ(MF)
  • しゅるつ(DF)・・・足が速い。
  • ぶれーめ(GK)・・・足が速い。ぶらじると共にGKでは最強レベル。

強豪チームとの戦い方編集

難易度を難しいにすると、強豪チーム(特にツバメ返しを使えるいたりあ、ぶらじる、かめるーん)は容赦なく強烈な必殺シュートを撃ち、さらにキーパーは手強くこちらが必殺シュートを撃っても容易に吹っ飛んではくれない。上級者なら様々な戦略を立てられると思われるが、ここでは強豪チームに対して戦いやすい布陣やゴールの決め方の一例を紹介する。

布陣編集

左からGK、DF、MF、FWとなっている。2-2-1。

  • 設定はドリブルで抜く、がんがんシュート、がんがんアタック、キーパーは攻めに参加しない、とする。


  •          ほりばた   くもん   
  •   かるろす                  かいずき
  •          くにお    よりつね(1P)


  • 1PとGK以外にばくれつあたっくを使える選手を持ってくることで、敵のドリブルを高確率で阻止できる。ただしあたりが弱いのでフォローが必要。さらに1Pの言うことを全員が守るので意思疎通しやすい。くにおに関してはパスの指示には従わないことが多いのでDFに配置しクリア係にした。
  • 1Pは総力タイプが唯一Aのよりつねを使うことで様々な戦略が可能になる。
  • FWのかいずきは頻繁に必殺シュートを撃ち、その動きも特殊で敵のキーパーが混乱しやすく、ゴールに入る確率が意外に高い。
  • MFのくもんも頻繁に必殺シュートを撃ち、その起動から敵キーパーはパンチングで弾くことが多く、こぼれ球を拾える確率が上がる。
  • DFもばくれつあたっくを使うので、相手が必殺シュートを撃たれる前に止めることができる。ただし必ずフォローすること。
  • GKのかるろすは敵の必殺シュートが一定の位置より高い場所にあるときパンチングをしてボールをはじく。パンチング中は無敵なのでゴールする確率も格段に減る。ただしこぼれ球を1Pが拾わないと敵に押し込まれるので、必ず1Pは下がっていること。

ゴールの決め方編集

  • よりつねを使う。ドリブルし相手キーパーの左上か左下から近づき、タイミングよくツバメ返しを出すとキーパーの裏に回りこめる。
  • よりつねを使うとやりやすい。コートの縦は真上側か真下側、横は中心と相手ゴールの真ん中よりやや相手ゴール側から必殺シュートを撃つ。ただしこのシュートは全選手共通の必殺シュート。そうするとボールはうまくバウンドしてキーパーの頭上を越えていく。パンチングのできるキーパーには通用しないが、多くの雑魚チームや強豪のいたりあには非常に有効である。
  • キーパー誘導作戦。まずボールを持って敵陣ペナルティエリアに入りキーパーに背を向ける。するとキーパーはボールを奪おうと駆け出してくるので背を向けたまま左へ逃げる。この方法ならキーパーをゴールから引きずり出すことができるが、敵DFが近くにいるとうまくいかないのでやりにくい技である。

裏技編集

  • 試合中にSTARTボタンを押し、AAABAAABAAAAAAAとボタンを入力する。「ひっさつOK」と出たら成功。チーム全員がツバメ返しなどの必殺技が使えるようになる。
  • 隠しチームがあるとのうわさがあったが、実際にいるかどうかは定かではなく、デマである可能性が高い。

関連作品編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki