FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "がんばれゴエモン3
〜獅子重禄兵衛のからくり卍固め〜colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


がんばれゴエモン3〜獅子重禄兵衛のからくり卍固め〜』(がんばれごえもんすりー ししじゅうろくべえのからくりまんじがため)はコナミから発売されたゲームソフト

1994年12月16日スーパーファミコン用のアクションゲームとして発売された(がんばれゴエモンシリーズの一つ)。

作品解説 編集

シリーズのそれまでの作品と異なり、アクションステージにおいて時間制限が無いことやエリア間の移動が任意であることなど、そのシステムはアドベンチャーゲームロールプレイングゲームに近い。

前作から引き続きゴエモンインパクトが登場するが、本作ではゴエモンインパクトにいくつかの必殺技が設定されているほか、横スクロール面のシステムが変更されその動きは目的地に向かって歩くような形になった(公式にはこの部分を「激震インパクトステージ」と呼んでいる)。

また、ゲーム中全ての招き猫(金と銀全て)を集め、ライフの数をMAXにすると、真のラスボスとして、カブキフォーエバーが登場。倒すとエンディングもスタッフロールの後に追加シーンがある。

アクションステージ1面や一連のインパクトステージを1つのアプリとした携帯電話版も配信されている(全12本、そのほかにおまけゲームあり)。

ストーリー 編集

タイムマシンを発明したとのことで、テストにおける観客としてゴエモン達を呼び出した物知りじいさん。しかし、彼が向かった未来でからくり盗賊団のボスである獅子重禄兵衛にじいさんが捕まってしまった。じいさんを救出するために、ゴエモン達は未来へ向かう方法を探し始める……。

基本システム 編集

本作ではマップ画面はエリア単位の移動ではなく、町やアクションステージの間の移動などに用いられている。また、マップ画面・アクションステージを問わず使用キャラクターを随時切り替えることができ、アクションステージにおいてはその使い分けを要求する仕掛けが多数用意されている。

ゴエモンシリーズおなじみの2人同時プレイも可能。2人プレイのとき片方がひょうたんに入ることで、一時的に1人で進行できる『ひょうたんシステム』を採用している。

今作からは新たに、ヤエもプレイヤーキャラとして操作できるようになった。

キャラクターのライフ(体力)の初期値は5(1つにつきダメージ2回まで耐えられる(例外あり))、残機は3(表示は2)。なお今作は2人プレイの場合も1つのライフゲージが共有される。穴に落ちても1発アウトではなく、ライフが1減る。ライフがなくなる、地形にはさまれる等で残機が減り、残機がなくなるとゲームオーバーコンティニューした場合、最後に旅日記をつけた(セーブした)地点からやり直しとなる。よろずやで大入り袋を買うことで、残機数を増やすことができる。

特定の人物からもらったり、道中の各地やアクションステージに置かれている「銀の招き猫」を4つ集める、または「金の招き猫」を取ると、ライフの最大値をひとつ増やすことができる。

各キャラクターは各地の道場で修行をクリアすると「術」を習得することができる(サスケだけは例外)。ゴエモンとサスケは1回使うたびに巻物を10本消費する(巻物は敵を倒すと出てくることがある)。エビス丸とヤエは、ゲームを進行する上で必ず習得しなければならない為、巻物を消費しない(逆を言えば、ゴエモンとサスケは必ずしも習得しなくてもよい)。

特殊なステージ 編集

本作は通常のアクションステージの他に以下の特殊なステージが存在する。

パニックステージ
プレイヤーを追う巨大メカの攻撃をかわしながら一定距離を逃げ回るステージ。キャラの中から1人をジャンプさせたり、全員を一時的にダッシュさせたりして攻撃を回避していく。一定距離を逃げ切ればクリア。物語中に2回登場する。
激震インパクトステージ
目的地まで歩くゴエモンインパクトを操縦し、迫ってくる敵を撃ち落としたりパンチでたたき落としたりしながら進む、低速横スクロール。ここで稼いだ油や小判で巨大ボスステージに挑む。前作『がんばれゴエモン2〜奇天烈将軍マッギネス〜』では高速スクロールだったが、今作ではターボスイッチが壊れていたため、仕方なく徒歩での移動になった。物語中に3回登場する。

テンプレート:ネタバレ

メイン登場人物 編集

プレイヤーキャラクター編集

ゴエモン 編集

江戸のはぐれ町に住む正義の盗賊。からくり盗賊団に囚われた物知りじいさんとおみっちゃんを救うため、未来へと向かう。

  • メインウェポン:黄金キセル・チェーンキセル
    チェーンキセルは後半のイベントで手に入り、『卍ブロック』に引っ掛けてのワイヤー移動と遠距離への攻撃が可能になる。
  • サブウェポン:小判 タメ撃ち:貫通小判
    貫通小判は通常より攻撃力が高く、敵やバリアを貫通する。
  • 術:一触即発の術
    一定時間攻撃力が2倍になるが、防御力は半分になる。

エビス丸 編集

自称「正義の忍者」。相棒であるゴエモンとともに冒険に出る。今作ではどういうわけか、ゴエモンの呼び方が「ゴエモンはん」ではなく「ゴエはん」になっている。なお、裏技を使うことで白ならぬオレンジ色の忍者衣装のエビス丸が登場した。

  • メインウェポン:フラフープ・本場のフラフープ
    町ステージでは全方向に、アクションステージでは横に(伏せているときは上に)攻撃する。本場のフラフープはイベントにより入手。広範囲を攻撃したり、↑とYボタンを押している間、フープを出してピンに引っかけることが可能。連打しすぎるとさらに広範囲を攻撃できるが、目を回して操作不能になる。
  • サブウェポン:手裏剣 タメ撃ち:反射手裏剣
    反射手裏剣はイベントで入手。壁に反射させることができ、遠くの仕掛けを作動させることもできる。
  • 術:ちびエビスンの術
    体を縮小し狭いところを抜けられる。変身中攻撃はできない。

サスケ 編集

物知りじいさんが造ったからくり忍者。じいさんを救うためゴエモンに手を貸す。Yボタンを押さなくても常にダッシュ状態である。また唯一ジャンプ中に上方向への攻撃ができない。

  • メインウェポン:クナイ・波動クナイ
    波動クナイはイベントで入手でき、衝撃波を飛ばしたり特定の石像や色違いの木を切断できる。
  • サブウェポン:花火爆弾
    イベントで入手。届かない場所にある仕掛けを作動させたり、一部の壁やブロックを破壊できる。今回タメ撃ちはない。
  • 術:くない激炎破
    周囲8方向(アクション面では5方向)にクナイ型の波動を飛ばして一斉攻撃する。

ヤエ 編集

江戸の平和を影から守る「秘密特捜隊」に属する敏腕くノ一。今作からプレイヤーキャラとして操作できる。サスケと同じく、Yボタンを押さなくても常にダッシュ状態である。また、手軽に使える無敵モードがあるので防御面に優れ、一番使いやすいキャラと言える。

  • メインウェポン:くノ一の刀
    ジャンプ中に↓とYボタンを押すと、下突き攻撃ができる。またYボタンとBボタンを同時に押している間、剣で防御して無敵になる「剣シールド」が使える。ボタンを離す以外にも、移動すると解除される。
  • サブウェポン:ヤエバズーカ
    空気砲となっており、パイプの栓を吹き飛ばすことができる。サスケと同じくタメ撃ちはない。
  • 術:人魚変化の術
    人魚に変身し、水中に潜って泳げるようになる。また、町にある橋の下をくぐれるようになる。地上で使うと失敗して鯉のぼりの着ぐるみになり動けなくなるが、敵に無視されるのか、あるいは製作者の設定ミスなのか、その間無敵状態(剣シールドと同じ状態)になってしまう。

その他のメインキャラ編集

獅子重禄兵衛 (しし じゅうろくべえ)
からくり盗賊団のボス。実はゴエモンの子孫で、義賊であるゴエモンを悪の大泥棒と勘違いして憧れ、からくり盗賊団を率いて悪事を働く。美男子なため女にモテる上、自身もかなりの女好き。後に脇役として『がんばれゴエモン〜宇宙海賊アコギング〜』でも登場。
シスタービスマル
獅子重禄兵衛の部下。重禄兵衛に恋している。その姿はエビス丸にそっくりだが、オカマである。エビス丸の子孫かは不明。後に『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』にも登場。
おみくじ五兄弟
獅子重禄兵衛の部下。大吉(お風呂大好き)・中吉(工場長)・吉(さわやかさん)・小吉(燃える男)・凶(メカの達人)の5人。元々の職業は、しがない落語家。余談だが、コミックボンボン版では1人で5役を演じていた設定で描かれていた。
物知りじいさん
伊賀の山奥に住む天才発明家。今回はタイムマシンを作り上げ、その試運転と称して未来のギャルを追っかけにいった所をからくり盗賊団に拉致される。その後、洗脳マシンによって操られ、タイムマシンやからくりウォーカーなどの技術を盗賊団のために利用される。終盤でゴエモンたちによって救出されるも、そのまま未来へ置き去りにされる。真のエンディングではその結末が見られる。
おみっちゃん
ゴエモンの住む大江戸・はぐれ町のアイドルであり、シリーズのヒロイン。今回は獅子重禄兵衛の御眼鏡にかなってしまったため、江戸時代に来たビスマルにさらわれてしまう。

その他のキャラクター 編集

クロベエ
ゴエモンの知り合いの忍者猫。ゴエモンに頼まれ、ほろほろ寺で幽霊に化けて一般人がワープ装置に近づかないようにしていたが、ゴエモン自身がそのことを忘れてしまっていた。会話後、ゴエモンたちにものまね変化の術(2人プレイ時に同じキャラが使用可能になる)を授ける。普段はゆき姫のペットとして仕えている。
ねこきち
未来の江戸の万屋で盗みを働くコソドロ猫。逃げ足は速いが、道に落し物をしていくため簡単に追跡される。追跡してこらしめる(?)と、店主から各種ウェポンがもらえる。
鬼六
フラフープを回している陽気な鬼のダンサー。ビスマルに教会の鏡の中に閉じ込められる。助けると本場のフラフープをくれる。
後のシリーズでは、ゲームオーバー画面でおなじみの存在となる。(ちなみに「きらきら道中」での声は八奈見乗児である。)
のすとらくん
未来の江戸の各地にいて、お金を払うと未来予知能力で攻略のヒントをくれる。
縁の下の力持ち
ゆきんこタウンの民家の床下に住んでいる。通称『照れ屋のじょん』。その姿こそ豆粒のように小さいが、大きな岩を軽々と持ち上げるほどの怪力。実は人気者のようで、『忙しいからサインは後で』が口癖。
キハチ
恩知らずの池にすむカッパ。池の名前とは裏腹に恩義に厚く、大好物のきゅうりをあげるとお返しに重要なアイテムをくれる。ちなみに漫画版では、エビス丸の胃液付ききゅうりを知らずに食べその後どうなったかナゾであるとなってる。後にネオ桃山幕府のおどりにも登場。
ぱすてる(声:椎名へきる
江戸時代で大江戸ツーリストの受付をしている女の子。「いらっしゃいませ」の一言だけだが音声がある。
コナミのシューティングゲーム「ツインビー」シリーズのヒロイン「パステル」が元ネタ。 
しおり(声:金月真美
未来の江戸で大江戸ツーリストの受付をしている女の子。同じく「いらっしゃいませ」の一言だけだが音声がある。
コナミの恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」のヒロイン「藤崎詩織」が元ネタ。

敵キャラクター 編集

サスケ(セキュリティモード)
忍者屋敷が防犯モードになっていたため、ゴエモンたちに襲い掛かってくる。
身の丈ほどの錫杖を振るい、ガマガエル型からくりメカを操る。
からくり用心棒
ビスマルに雇われた用心棒メカ。腰に付けた巨大な鉄球と回転攻撃で攻撃してくる。
実はゴエモンに復讐するために、からくり再生能力で蘇ったカブキ(つづら助六)である。
ビスマル・エレガント
ビスマルが操縦する巨大からくりメカ。移動時は羽釜の形をしているが、接近戦では人型に変形する。顔はビスマルそっくり。
弾丸やハート弾、体当たりにビンタ攻撃、キス攻撃など多彩な技を繰り出してくる。
じいさんに作らせたタイムマシンが組み込まれていて、タイムワープもできる。
ビスマルポッドという小型の脱出ポッドを搭載している。
巨大達磨
からくり盗賊団の牢獄を守るボス。「だるまさんがころんだ」の要領で近づいていって攻撃しなければならない。名古屋弁を話す。
からくり拳
からくりタワーを守るボス。人の手の形をしたからくりメカ。
ステンドグラスから出現し、指ではじいたり上から押しつぶしたりしてくる。弱点は炎。
極悪ダム
からくり盗賊団の造ったダムで、これのせいで街が丸々一個水没してしまっている。水没した街『でいぷ・たうん』救出のためにゴエモンインパクトで破壊することになる。
それ自体はただのダムだが、砲台や盗賊団員が配置されていて、反撃してくる。
「極悪ダム」の命名はゴエモン。
からくり壁面獅子
獅子砦のボス。獅子舞の顔を模したメカ。壁伝いに移動し、小型の獅子メカを放って攻撃してくる。
放ってきた獅子メカを跳ね返すとダメージを与えられる。
極悪宝船「ごうれむ」
からくり温泉のボス。巨大な宝船におたふくの顔がついたメカ。かぎ爪やレーザー砲で攻撃してくる。
コナミのシューティングゲーム「沙羅曼蛇」のボスキャラ「ゴーレム」が元ネタで、アーム部分が似ている。
流れるBGMも沙羅曼蛇のボス戦の曲のアレンジである。
あつがりぃ&さむがりぃ
般若砦を守る2人組のボスで、色違いの巨大な般若の面が両壁面に張り付いたような姿。
天井のレーザー砲が放つ二種類のレーザーを反射板で反射し、それぞれ対応する方に当てないとダメージを与えられない。ちなみに、反射板は持つ事が出来る。
レーザービームの種類を間違えると、それぞれの対応する属性攻撃(あつがりぃ:炎、さむがりぃ:氷)をしてくる。また、レーザー砲と協力して電撃攻撃をしてくることもある。
DX抽選王
おみくじ五兄弟が操る巨大からくりメカで、伸びる手足を駆使した攻撃を得意とする。
攻撃の一つに胸部のルーレットを打ち出すというものがあり、当たりを出すとキセルボムが発動し、はずれを出すと相手が無敵状態になって連続攻撃を喰らわされる。(コミックボンボン版では、なぜかこの関係が逆に描かれている)。ちなみに、その他のマスは色によって次の攻撃パターンが決まる。
コナミの抽選マシン「コナミ抽選王」が元ネタ。
イカス・オレさま号
獅子重禄兵衛自慢の最終決戦用巨大からくりメカ。最初は獅子の姿で登場し、俊敏な動きでゴエモンたちを翻弄するが、エネルギー残量が一定値を下回ると真の姿である人型に変形する。しかし、変形完了直後にビスマルポッドが頭部に無理矢理合体してしまい、とんでもなく不細工な姿になってしまう。
攻撃バリエーションが非常に豊富で、基本的な戦闘能力も極めて高い。
物知りじいさん(洗脳状態)
縄文土器型の空飛ぶ乗り物に乗り、敵本拠地の一室でゴエモンたちを待ち構える。
天井から降ってくるガラクタ(おもり以外)を叩き、部屋の中央にある洗脳装置に当てて破壊する必要があるが、その都度部屋を所狭しと動き回ったり回転させたりと妨害作業に余念が無い。
伝説の巨神(ゴエモンインパクト)
獅子重禄兵衛がゴエモン達から奪ったほら貝で呼び出した、江戸時代から未来まで保管されていたゴエモンインパクト。表向きのラスボス。
操縦者の力量の差なのか、こっちのインパクトにくらべるとかなり機敏で、鼻から小判、とび蹴り、百烈パンチ、キセルボムなど多彩な攻撃を仕掛けてくる。
キセルボムはパンチで打ち返すと逆に相手にダメージを与えられる。
次作「きらきら道中」でゴエモンインパクトは生物という扱いになってしまうため、実はかなり謎の存在である。
ちなみに、このインパクト戦だけは前作『奇天烈将軍マッギネス』のインパクト戦の音楽が流れる。
かぶき・ふぉーえばー
ある条件を満たした状態でクリアすると、エンディング中に登場する真のラスボス。
前作のかぶき・りたーんずがからくり用心棒として復活してゴエモンへの復讐を誓い敗れた後、『からくり再生能力』によってさらなる復活を遂げた(自称)最終形態。戦闘能力は大幅に上がっており、毒霧や手に付いた巨大な鎌で攻撃してくる。ゴエモン達が未来へ行く際、インパクトに不意打ち攻撃をした張本人。その後の作品「でろでろ道中」で、カブキ64として再再登場
倒すとエンディングが少しだけ変わり、未来に置き去りにされてしまった物知りじいさんについても大きく変わる。

バグ編集

  • うぉーかー工場ではサスケの爆弾を駆使することにより煙効果を無視でき、足元の扉を強引に開くことができる。そのためカードキーを2枚余らせてクリアすることが可能。その後のプレイに支障はない。
  • からくりタワーで、途中金色の天井(足場)を火炎放射機で吹き飛ばす場所があるが、うぉーかーを使うとすり抜けることができる。しかしその後はまってしまい、リセットするしか手段がなくなる。
  • ねこ吉を捕まえるイベントで、時々反射手裏剣や波動クナイをもらえない場合がある。発生条件は不明であり、一度起こったらロードしなおしてもクリア不能の場合がある。特に波動クナイに起こりやすい。回避不能の類のバグのため致命的。
  • からくりパークで油揚げを買った後にとんびが出てくるが、とんびに持ち上げられた後通路にある行き止まりのスイッチを切らずにやられると、パーク外に戻される。その後スイッチを切ってない上にとんびも二度と出現しなくなるのでクリア不能となる。
  • 2人プレイ時、鏡のある教会に行きあることをすることで画面が突如真っ暗になり過去に戻ることができる。しかし時には深刻な状況になったり(データ消失など)、はまったりするのでおすすめできる技ではない。ただ、過去にうぉーかーも持っていくことができるので少々面白い光景が見られるが、その時点でセーブをすると未来に再度戻ることは出来ないのでその後プレイをやり直す羽目になる。
  • 未来へ行ってからクリアするまで、一度もセーブせずにエンディングを迎えると、クリア時の装備で過去を歩くことができる(上記と違いウォーカーは持っていけない)。そのまましばらくは普通に進められるが、牢獄のボス・巨大だるまが出現しないため、ゴエモン・エビス丸(またはサスケ・ヤエ)の2人しか使用できないままになってしまう。その他のボスも出現せず、いきなり最終エリアに行くことができる(逆に言えば最終エリアにしか敵がいない)。なお、ゴエモン・エビス丸2人の状態でもそのまま最後までクリアすることは可能だが、サスケ・ヤエでは不可能。

テンプレート:ネタバレ終了

携帯電話版について 編集

各社の携帯電話用サイトにおいて全8話12本(一部の話に前編・後編が設定されている)のアプリが配信されている。この携帯電話版では、1つのアクションステージや一連のインパクトステージが1つのアプリとなっており、クリアすることで順次次の話に相当するアプリがダウンロードできる仕様となっている。また、ダウンロードページにおいて各アプリの間の話を読むこともできる。

アクションステージにおいては使用可能なキャラが各面につき2人設定されており、その2人のメイン・サブ武器を使い分けて進むことになる。大半のステージのマップは一部簡略化されているが、後半のステージでは逆にステージが追加されている物もある。

各話のクリア時やゲームオーバー時にゲーム中で獲得した小判をサイトに送ることで、待ち受け画像や着信メロディの他、以下の5本のおまけゲームと交換し小判を増やすことができる(下3本についてはプレイにもゲーム中の小判を必要とする)。

ドスコイ!張り手一番
相撲ゲーム。
秘術!算術塾
算術系の4択クイズゲーム。プレイを続けると他キャラが乱入してくるほか、2人プレイも可能。
ジェットGO!GO!GO!
強制横スクロールのアクションゲーム。
天手古舞舞迷宮館
3DダンジョンRPG。時間制限内に通行手形を集めてゴールするのが目的。
からくり奇天烈レース
モンスターを育成しレースに出すことで小判を増やすことができる。

なお、Yahoo!ケータイに限り、この他にゴエモンインパクト風のロボットを育成する『ゴエモンコンパクト』も配信されている。

関連項目 編集

テンプレート:Navbox generic


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki