FANDOM


+ class="" style="font-weight: bold; font-size: 120%; "がんばれゴエモン2
〜奇天烈将軍マッギネス〜colspan="2" style="width: auto; text-align: center; "{{{image}}}-
colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header1}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header2}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header3}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header4}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header5}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header6}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header7}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header8}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header9}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header10}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header11}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header12}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header13}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header14}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header15}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header16}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header17}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header18}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header19}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header20}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header21}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header22}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; ">

{{{header23}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header24}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header25}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header26}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header27}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header28}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header29}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header30}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header31}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header32}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header33}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header34}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header35}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header36}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header37}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header38}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header39}}}-

colspan="2" style="background: #f2f2f2; "

{{{header40}}}-


がんばれゴエモン2〜奇天烈将軍マッギネス〜(がんばれごえもんつう きてれつしょうぐんまっぎねす)はコナミ株式会社から発売された日本ゲームソフト

1993年12月22日スーパーファミコン用のアクションゲームとして発売された(がんばれゴエモンシリーズの1つ)。

ゲームの概要編集

構成 編集

全6エリアで、各エリアは宿屋で体力を回復したり、万屋でアイテムを揃えたりできる「町ステージ」、横スクロール画面で敵を倒しながらゴールを目指す「道中(アクション)ステージ」、道中を進み、最後に待つボスを倒す「城ステージ」で構成されている。

ストーリー中で登場する巨大メカ"ゴエモン・いんぱくと"が初登場したのも本作である。ゴエモン・いんぱくとが出現する場面は道中の高速強制スクロールのアクションステージと、3D画面によるボスステージからなる。

本作からはゲームシステムが変更され、マップ画面で移動先を指定しアクションステージや街に入る仕様となった。それに伴い、時間制限はアクションステージにおけるシーン単位となっている。ボス面以外のアクションステージではゴールにタヌキの置物が出現し、それを壊すことでクリアとなる。ただしステージによっては偽者のタヌキの置物がある場合があり、本物を見つけ出さないと次に進むことができない。

各エリアにはアクションステージで1箇所だけ「隠れキャラ」が登場する場所があり、見つけ出すとお金がもらえたり、残機数を増やすことができる。

エンディングを見た後、「からくりワールド」でおまけの面「バーチャ地獄」に挑むことができる。隠しステージなだけあって難易度は高い。ミスしても残機は減らないが、残機が2以上残っていても復活できないので、1機で進むことになる。この面は、帯ひろ志の漫画版の「地獄編」(ゴエモン2の前に連載)が元ネタとなっている。

プレイヤー 編集

本作ではゲーム開始時に使用キャラクターをゴエモン・エビス丸・サスケの3人から選択する仕様となった。所持金などはこの3キャラで別々となっている。また、それに伴い武器(特に所持金を消費して使用するサブウェポン)についても差別化が図られている。

キャラクターのライフ(体力)の初期値は6(3メモリだが、1メモリにつきダメージ2回まで耐えられる 例外あり)、残機数は3(表示は2)。ライフがなくなる、穴に落ちる、アクション面を時間内にクリアできない等で残機が減り、残機がなくなるとゲームオーバーコンティニューもできるが、所持金が半分になる。(各キャラの初期値以下にはならない)アイテム類は残る。ライフは道中にある「金の招き猫」を取ったり、体力満タン時に銭湯で正しいほう(ゴエモンは男湯、エビス丸は女湯、サスケは両方)に入ると最大値を増やすことができ、最大10(5メモリ)まで増える。ゲームオーバーになるか、リセットすると初期値にもどる。

メインウェポンのレベルは、アクション面で「銀の招き猫」を取ると1段階アップ、ダメージを受けると1段階ダウンする。また、町ステージにいる泥棒に触れると1段階盗られるので注意。

サブウェポンで敵を倒しても、小判などを落とさない。ゲーム終盤に手に入る「蛇のぬけがら」を買うことで消費金額が半分に、「グローブ」を買うことでためる時間が減少する。

2人プレイ 編集

前作に引き続き、2人同時プレイが可能。1人プレイ中にスタートボタンで途中乱入ができる(使用キャラクターの選択も可能)。片方が伏せてもう片方がその上にジャンプして乗ることで、『おんぶ』して攻撃と移動を分担することができる。また、おんぶ中はサブウェポンがより強力になる。片方の残機がなくなっても、もう片方の残機が2以上残っていれば、それを奪って復活できる。

2人プレイでおんぶしている際、攻撃側の使うサブウェポンが強力になる。移動側のキャラクターとの組み合わせによって、性能が変わる。消費金額は変わらない。

拡散小判(攻撃:ゴエモン 移動:エビス丸)
敵や壁に命中すると拡散し、周囲の敵にも当たる。
超小判乱れ打ち(攻撃:ゴエモン 移動:サスケ)
通常は3方向に打つスーパー小判を、5方向に打つことができる。
くるくる手裏剣(攻撃:エビス丸 移動:ゴエモン)
放った手裏剣がくるくる回転し、敵を貫通しながら飛んでいく。
下手人キラー(攻撃:エビス丸 移動:サスケ)
ホーミング手裏剣がドラゴン状に連なり、敵を追尾してなぎ倒す。後の「がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜」でもおんぶ時に同じような技が使われた(名称は「ゲッシュニンキラー」)。
からくりぴょんぴょん爆弾(攻撃:サスケ 移動:ゴエモン)
ボタンを押している間、スーパー花火爆弾が地面をはねながら移動する。ボタンを離すか敵にぶつけると爆発。
あやつり花火爆弾(攻撃:サスケ 移動:エビス丸)
ボタンを押している間、十字キーでスーパー花火爆弾を自由に操作できる。ボタンを離すか敵にぶつけると爆発。

キャラクター紹介 編集

プレイヤーキャラクター 編集

ゴエモン 編集

おなじみこのゲームの主人公。移動速度とジャンプ力はふつう(他2人のちょうど中間)で、バランスよく使える。サブウェポンの消費金額も一番安い。初期の所持金額は100両。

メインウェポン:キセル
キセル→黄金キセル→炎のチェーンキセルの順にレベルアップする。レベルが高くなるにつれて攻撃力が上がり、リーチも長くなる。
サブウェポン:小判 ためうち:スーパー小判(2両消費)
スーパー小判は3方向に飛び、敵を貫通する。

エビス丸 編集

ゴエモンの相棒で、自称「正義の忍者」。移動スピード・ジャンプ力ともに低いが、ハリセンの使い勝手は良い。初期の所持金額は150両。

メインウェポン:ハリセン
なにわのハリセン→でかハリセン→かんしゃくハリセンの順にレベルアップする。かんしゃくハリセンは倒したときの効果音が豪華になり、爽快感抜群。
サブウェポン:手裏剣 ためうち:ホーミング手裏剣(4両消費)
撃った手裏剣はブーメランのように戻ってくる。ホーミング手裏剣は3つの手裏剣が敵を追尾する。

サスケ 編集

物知り爺さんがこしらえた、硬派なからくり忍者(純日本人)。初登場の前作ではボスキャラだったが、今作からマイキャラとして使用できるようになった。くない切りのリーチはやや短めだが、移動スピード・ジャンプ力が最も高く、動かしやすい。初期の所持金額は50両。

メインウェポン:くない・ちょんまげ
くない切り→くない投げ→くない二刀投げ(ジャンプ攻撃で八方くない投げ)の順にレベルアップする。至近距離に敵がいる場合はレベルに関係なく、くない切りになる。投げくないで敵を倒しても、小判などを落とさないので注意。上方向および伏せているときはちょんまげで攻撃。レベルに応じてリーチもスキも長くなる。
サブウェポン:花火爆弾 ためうち:スーパー花火爆弾(8両消費)
放物線上に飛ぶ。敵に触れるか一定時間が経つと爆発する。スーパー花火爆弾は爆発したときの攻撃範囲が広がる。

サブキャラクター 編集

ヤエちゃん
日本で巻き起こる怪事件を隠密に捜査する、秘密特捜忍者の一員。今回はエリアクリア時のムービーとえりあ4のあるステージで登場。またインパクト戦(巨大メカボスステージ)で敗北した際、再戦時に攻略のヒントをくれるなど、影ながらゴエモンたちをサポートする。がんばれゴエモン3〜獅子重禄兵衛のからくり卍固め〜以降の作品から、マイキャラとしてプレイヤーが操作できるようになった。
物知り爺さん
普段は伊賀の山奥のからくり忍者屋敷に居を構え、からくり忍者『サスケ』を筆頭にさまざまな発明品を作り出している発明家。これまでに培った数々の発明の技術を駆使し、今回は『最新型スーパーウルトラゴージャスベリーごっついからくりメカ ゴエモンインパクト』を開発。マッギネス討伐に向かうゴエモン一行に託した。また、インパクト戦で敗北した際には、ヤエちゃんと同じくボス攻略のヒントをくれる事がある。
おみっちゃん
ゴエモンが住まいを持つ『はぐれ町』のアイドルにして、シリーズのヒロイン。ヒロインゆえの受難から、今回はマッギネス将軍に気に入られさらわれる。

敵キャラクター 編集

奇天烈将軍マッギネス
本名マッギネス=カス=テイラ。今回の騒動の張本人で、極度な日本かぶれの元宣教師。はぐれ町で福引き屋に変装してゴエモン、エビス丸に『琉球リゾート旅行券』をわざと当てさせ、2人が旅行に出かけたスキを突いて大江戸城を制圧し、強引に『空中要塞マッギネス城』に改造。部下の『マーブル五人衆』と共に全国制圧に乗り出す。
マーブル五人衆
ウサギの着ぐるみに身を包んだ、マッギネス直属の科学者集団。顔や背格好が全く同じであり、語尾に「〜っス」と付けて喋る共通点があるが、五人それぞれが色違いの腕章を装着している。お菓子につられて部下になったらしく、非常に子供っぽい人たちらしい。最終戦ではマッギネスのサポーターとして登場するが、返って足を引っ張るハメになる。漫画版では着ぐるみの中の人は美形。
からくり横綱メカ・千秋楽
えりあ1のインパクト戦ボス。マーブルレッドが開発した力士型の巨大からくりメカ。弾丸頭突きや張り手ボンバーなどの近接攻撃を得意とする。また、小判攻撃を張り手で跳ね返してしまうことがある。断末魔は『ごっつぁんでした』。
カブキリターンズ
えりあ2・かぶき城のボス。前作の鞍馬山においてゴエモンに倒されたボスキャラ『つづら助六』が、マーブル五人衆の強化改造手術によって復活した。毒霧やホーミングかつら、マーブル弾で攻撃する。ある条件を満たすと再戦できるが、その際の性能はまったく同じ。
たそがれ壱号
えりあ3・わしょく城のボス。普段は宴会芸を披露する芸人からくりメカだったが、あまりに芸がウケないのでマーブルイエローが戦闘用に改造した。影絵の犬、猫、カラスを実体化させて攻撃する。
からくり落ち武者メカ・しゃれこうべ
えりあ3のインパクト戦ボス。巨大なベーゴマに乗り、水上を移動しながら攻撃してくる武者型の巨大からくりメカ。千秋楽よりも遙かに動きが素早く、ベーゴマを破壊されると分身からのおだぶつキック、高速移動、一刀両断、落ち武者霊弾などを得意とする。断末魔は『オーマイガー』。
お面忍者
えりあ4・こけし城のボス。語尾に「〜ざんす」と付くのが特徴。キツネ・ネコ・ひょっとこのお面をそれぞれ被る事により、攻撃パターンが変化する。(ノーマル:手裏剣、キツネ:急降下キック、ネコ:斧投げ&斧振り下ろし、ひょっとこ:腕から光線)
みこし天狗
えりあ5のインパクト戦ボス。マッギネス軍の日本征服達成記念パレード用の神輿を戦闘用に改造。体当たりや鼻せっかん、ダブルエレハンドと攻撃バリエーションが豊富で、歴代インパクト戦の中でもかなり厄介な強敵。エネルギー残量が300を切ると奥の部屋へ逃亡し、攻撃パターンを切り替えて再度襲ってくる。断末魔は『とびまーす』。
ドラキュラン
クリア後のおまけステージ『ばーちゃる地獄』のボス。漫画版の「地獄編」に登場したキャラクター。『悪魔城ドラキュラ』のドラキュラ伯爵と同じく、3WAYのコウモリ弾とテレポートを駆使する。

町の人々 編集

前作『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』までは町ステージでも出てくる者のほとんどが敵キャラ扱いとなっていたが、今作からは町ステージには基本的に敵は出ず、装備を揃えたり体力を回復するためのポイントとなっている。町人を攻撃すると音楽が一変し、役人が攻撃してくる。役人を倒しても小判は出ない。

町人
町を行き交う人々。町によってさまざまな人たちがいる。
町娘
触れると50両くれるが、攻撃すると100両減る。赤い着物を着ている。
冷奴(ひややっこ)
触れると体力が1メモリ回復する。青い着物を着ている。攻撃すると町娘と同様に100両減る。
お婆さん
触れると50両くれるが、間違って攻撃してしまうと怒って攻撃してくる。しかも無敵で倒せない。
スリ
触れると小判を100両盗られる。すぐに攻撃すると50両取り返せる。
おびす丸
エビス丸に似た外見をしている泥棒。触れると招き猫を取られてメインウェポンのレベルが下がる。漫画版にも登場。
役人
町人を攻撃すると顔を真っ赤にして攻撃してくる。棒役人とちょうちん役人の2種類がいる。
浪人
攻撃すると斬られる。倒せる。
攻撃するとかみついてくる。屋根の上にいると元に戻る。また、こちらが攻撃してこないのに噛みついてくるものもいる。
荷物を背負っている町人
一所懸命に重そうな荷物を運んでいる健気な人なのだが、なぜか叩いても役人が攻撃してこない。ちょっとかわいそうな人。
その他
その他にコナミの宣伝や他のゲームのキャラクターなどや前作の最終ボス般若大将軍も町に登場する。

その他編集

ゲーム内のミニゲームとして、コナミのシューティングゲームゼクセクス」(XEXEX)のステージ2がプレイできる。

前作までのテンポの良いギャグテイストはそのままに、キャラクターが総じてデフォルメされコミカルになっている。

また、このゲームに登場する一部の敵キャラクターには、当時のコミックボンボンの読者がデザインしたものが使用されている。

町ステージの一部の民家には、コナミからのゲストキャラが登場している。前作「ゆき姫救出絵巻」のラスボス・般若大将軍(改心して大江戸城で働いていた)や、コナミのシューティングゲームツインビー」シリーズより、ウインビー(パステル)(この作品と発売時期が近い、SFC「ツインビー〜レインボーベルアドベンチャー〜」の宣伝に来た)、スナッチャー悪魔城ドラキュラなど。

リメイク編集

2005年4月21日に、前作「がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜」と本作がゲームボーイアドバンスでリメイクされて1つになり、「傑作選!がんばれゴエモン1・2 ゆき姫とマッギネス」として発売された。

オリジナル版の変更点編集

  • 完全な1人用で2人プレイやおんぶアクションはない。
  • マップ中やゲーム中、セレクトボタンでゴエモンとエビス丸とサスケを入れ替えできるようになった。
  • サウンドや画面はGBA版に合わせている。
  • 遊技場のモードでいつでも遊べるミニゲームが全て選べる。

関連項目編集

テンプレート:Navbox generic


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki