FANDOM


テンプレート:ドラマ かまいたちの夜(かまいたちのよる)は、ゲーム「かまいたちの夜」を原作としてTBS系列で2002年7月3日(水) 21時~22時48分に放送された単発の2時間ドラマである。

同年7月18日に発売されたゲームソフト『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』とのタイアップ企画であり、ゲームの初回限定版のDVDビデオにはゲームのメイキング映像やインタビューと共に本ドラマが全編収録された。

評価編集

本作はTBS側によって「真夏のNo.1ミステリー」という宣伝文句がつけられていたが、実際はミステリ系ドラマではなく、原作の雰囲気を再現した「イメージドラマ」と表現すべき作品であった。また脚本担当の伴一彦はこのドラマを「ホラーサスペンス」として書いたと発言している。そのため、このドラマを見て犯人を推理することは困難であり、熱心な原作ファンからは、我孫子武丸の脚本でのドラマ化が望まれている。

上記の指摘を別にすれば、作品の出来としては、可もなく不可もない…といった評価が多い。振り子時計の音が、ドラマで流れ続ける…など、原作の雰囲気を壊すことなく映像化している。

あらすじ編集

人気ゲーム「かまいたちの夜」のファンサイトの常連メンバー達が、オフ会を開いてゲームを再現する映画を撮影することになり、あるペンションに集うこととなった。しかし、予約していたはずのペンション「クヌルプ」の予約がとれておらず、仕方なく偶然に通りかかった別のペンション経営者に連れられて、ゲームと同じ名前のペンション「シュプール」に泊まることになる。

しかし、嵐によりペンションは外界と断絶され、ゲームでの被害者である「田中一郎」役で、主人公の上司であった男が、本当に殺されてしまう。それを皮切りにして、ゲームさながらに次々に人が殺されていく…。はたして、犯人の正体とは、いったい誰なのか?

登場人物・キャスト編集

佐竹高彦(演:藤原竜也
主人公。自分の意見を強く言えない、引っ込み思案な青年。ゲーム『かまいたちの夜』の “透”役。ハンドルネームは、「透もどき」。
野村真理(演:内山理名
主人公が想いを寄せている、書店のバイト仲間に似ている女性。ゲーム『かまいたちの夜』の “真理”役。ハンドルネームは、「寂しがり屋の真理」。
日高俊夫(演:小橋賢児
明るい性格の大学生。ゲーム『かまいたちの夜』の “俊夫”役。ハンドルネームは、「俊夫命」。
細井美香(演:浅香唯
わがままな性格のOL。ゲーム『かまいたちの夜』の “啓子”役。
鈴木智子(演:濱田万葉
オカルト好きのOL。ゲーム『かまいたちの夜』の “可奈子”役。ハンドルネームは、「チェリー」。
有田裕子(演:山下容莉枝
頭脳明晰なOL。ゲーム『かまいたちの夜』の “みどり”
石塚茂(演:温水洋一
カメラ好きの男。ゲーム『かまいたちの夜』の “美樹本”役ハンドルネームは、「イタチの屁」。
伊勢谷剛(演:田中要次
高彦のバイト先の書店主任。ゲーム『かまいたちの夜』の “田中一郎”役。ハンドルネーム「田中一郎」。
山本夏子(演:萩尾みどり
山本の妻。ゲーム『かまいたちの夜』の “春子”役。
大林直子(演:松金よね子
大林の妻。ゲーム『かまいたちの夜』の “小林今日子”役。
山本一誠(演:北村総一朗
会社経営者の大阪人。ゲーム『かまいたちの夜』の “香山社長”役。
大林逸郎(演:佐野史郎
ペンション「シュプール」のオーナー。ゲーム『かまいたちの夜』の “小林”役。
犯人(演:?)
オフ会に現れなかった、犯人と思われる人物。ハンドルネームは、「シュプール」。

スタッフ編集

関連項目編集

外部リンク編集

テンプレート:Tv-stub

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はかまいたちの夜 (テレビドラマ)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki